「小学生でもわかる初めての中国語」
日本人にとっての声調の習得は永遠の課題ですね。
何とかしようとこの教材を作っています。今日は2声+2声の基本単語88個です。

かなり多いですが、まず声を出して2声と2声の組み合わせに慣れてしまいましょう。
2声+2声の場合は、2声は声を出した途端に急角度で上げますが、二つ目の2声をの出だしが高くならないようしっかり抑えましょう。
また、二つ目の2声の言い終わりは一つ目よりも、頭一つ分長く言うようにすると相手に伝わりやすくなりますよ。

http://m.himalaya.fm/album/100199/sound/55014296/2/jp
カテゴリー: ニュース

Masumi Hanaoka

17歳の時に、留学生から南京訛りの中国語を教わる。 訛りのせいで、数々の苦い経験をする。企業に勤務後、北京出身の先生に着いて、発音を標準音に矯正し、1996年北京人民大学に留学。 留学中に日本独資企業にスカウトされ、松下電器などの大手日本企業の店舗づくりに関わりながら、90年代後半の激動の北京で貴重な体験をする。 帰国後、通訳・翻訳業務のほか、日中学院、横浜シュタイナー学園などで教鞭を取った後、フルーエント中国語学院にてエグゼクティブトレーナーなど歴任。 中国語講師歴20年、全ての日本人学習者に中国語を学ぶ楽しさを伝えてきた。 専門は発音。のべ2200人以上に姿勢、発声法、発音、四声のコツを分かりやすく指導している。